読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いきもの屋になろう

植物、動物や、いきものなんでも勉強がてらに紹介したい!

ツタバウンラン

近所の生け垣の隙間からツタバウンランがもしゃもしゃはえている

ここ数日はずっと雨で憂鬱とした日々だけど、雨の後にはまた違う植物が花を咲かせるから面白いよね

f:id:rindou55:20170408221439j:plain

大学へのみちのり

編入したばかりで右も左もわからないまいにち

大学へは歩いて20~30分ほどの距離にある

大学は田舎にあり、アパートもその近くにある

はっきりいって普通に見れば何もない田舎の風景としか感じられないものだ

しかし、少し腰を屈めばたーのしー!世界が待っているのだ

 

草原の植物

田舎の風景といえば、私の近くで例えるならば田んぼ、樹木、空き地、花壇、畑、庭、、、などが見られる

そこには実は様々な草花の軍拡競争が繰り広げられているのだ

春では田んぼの畔という道路と田んぼの境目の領域にはスミレの仲間がたくさん発見できる

スミレはアリ散布というアリに種子を運んでもらう方法で広がっていくため、せまい面積いっぱいに咲いていて美しい

 

f:id:rindou55:20170406205336j:plain

さすが日野!道端にスミレも! | via Instagram ift.tt/2o9rwQj | raizo | Flickr

 

樹木ならば桜であるソメイヨシノはピンクの可愛らしい花びらが一斉に咲き誇っているのも良いが、コブシも捨てがたい

コブシは時々一軒家の庭木として植えられていて、他の樹木よりも早く花を咲かせている

コブシのようにモクレン科の植物は被子植物の古い形態を残しているので、古い時代は巨大な花でないと受粉が難しかったのか、また他に理由があるのか等の考えに老け込んでしまってそれもまた楽しい

f:id:rindou55:20170406210550j:plain

コブシ | Cafe Kuroda | Flickr

 

他にも人の庭や花壇を見るのも面白い

よく手入れされている庭には園芸のきれいな花が鉢の中で咲いている

ほったらかしだとカラスノエンドウオオイヌノフグリが繁茂していたり、雑草を抑制する薬品を散布されているかや土の影響でよくわからないスゲだけが生育していたりとそれはそれで面白い

f:id:rindou55:20170406213952j:plain

庭 | 下のおばあちゃんの庭 | anne.。 | Flickr

 

何もない、といっても何かはあるもの

次回は通学途中までの植物リストを紹介できたらしたい・・・なあ

 

日本にいるけものフレンズ① シカ

アニメ『けものフレンズ』にはサーバルやフェネック、アライグマ、カバ、コツメカワウソジャガーなどが主にメインキャラクターとして登場する

 

日本の在来種のけものの現状はいったいどういうものか知りたくて調べてみた!

Serval

phot by Stefan David, CamperCo.de - Serval  CC BY-SA 2.0

在来種


 まず、在来種とは何か?

国際自然保護連合(IUCN)によると

 "在来種"は、その自然的範囲(過去または現在)と分散潜在能力内で存在する種、変種または下等の分類群を意味する(たとえば、その範囲内で、在来種は、生まれつき占領するか人間による直接的または間接的な導入あるいは管理なしで占領する事ができなかった)。

 とされており、別の定義では

もともとその地域に生息している種。一般的には明治期以前から生息している種に対して使われていることが多い

在来種 - Wikipedia

となっている

IUCNの定義はよくわからないね

自分の主観上、後者の明治期以前か以降の定義がよく使われていると感じる


ニホンジカ

ということで、まずはニホンジカ

f:id:rindou55:20170322092903j:plain

ゲーム けものフレンズより

自然分布としては東アジア(アムール地方からベトナムまでの沿岸部)、国内では北海道、本州、四国、九州である

亜種としてエゾシカ、ホンシュウジカ、キュウシュウジカ、マゲシカ、ヤクシカケラマジカツシマジカの7亜種がいる

草食性であるが、食べる植物の種類は多く、食性の幅が広い

ササ類やススキ類、スゲ類などのグラミノイド(イネ科植物状の葉が細くて硬い植物)と双子葉植物の葉を主要な餌資源としている

樹木だとアオキが大好きでよく食べられてるっていう話はよく聞く

近年では個体数増加にともなって植物への採食圧による影響が問題となっている

毛色が時期によって変化し、夏にはオレンジ色に鮮やかな白い斑点、冬には白い斑点が消えてオスは濃い茶色、メスは灰褐色になる

ニホンジカを探すなら奈良公園にいけば何十頭もいるし、一番会いにいきやすい野生動物だろう

糞はコロコロした俵型で植物の水分割合が高い春と夏は濃い緑色で柔らかく、冬は濃茶色や黒色で固くばらばらとなる

シカの痕跡判別はイノシシとは違って寝床が複数に分かれること、下顎にしか歯がないことで下から上にすくい上げる食痕で判断できること、葉の切り口が粗くて噛み潰されたような形になること、樹皮剥ぎによるディアラインの形成、角研ぎ跡、ヌタ場に足跡があることなど

f:id:rindou55:20170321153317j:plain

鹿 / Sika Deer | Tetsushi Kimura | Flickr CC BY-NC-SA 2.0

 

f:id:rindou55:20170321154238j:plain

DSC_4327 | Dėmėtasis elnias (Cervus nippon) Sika Deer. Šaipi… | Flickr CC BY-NC-SA 2.0

 日本だとシカは70年代ごろから保護活動が熱心になったらしい

その結果、1980年代から個体数が急激に増加し、農林業・生態系への被害が深刻化

現在では厄介な動物になってしまった

原因としては、単純な保護から個体数が多すぎないか管理する保護管理への転換が遅すぎたからだ

 逆に中国、台湾、韓国、ベトナムでは漢方薬や健康食品としてシカが幅広く利用されており、多くの地域で絶滅が起きているとかどうとか

 

これからの課題はシカの管理を適切にし、産業に利用できるかが焦点かな?

 

 

 

ナショナルジオグラフィック プロの撮り方 クローズアップ 

 ナショジオのプロの撮り方 クローズアップを読みました。

基本的な内容は題名の通りにクローズアップ撮影に関して著者自身はよく使用するテクニックやポイントについて書かれている。そんなに難しい内容でもなく、写真初心者な自分でも楽しめるように具体的な事例とそのポイントは何かという構成でじっくりと解説がなされている。マクロレンズほっしー!けど今はクローズアップレンズで我慢。

 この本は図書館で借りた本だけれど、amazonの欲しいものリストに入れて今度買おう。

幻想再帰のアリュージョニストのステマ

 つい最近、生活を投げ捨てて幻想再帰のアリュージョニスト 4章-54まで見終わった。

アリュージョニストといえば魔王さんやらはてな村奇譚の方が熱中していることで有名。自分も一年ほど前に見ようとして分量とその意味が分からなくてすぐに辞めた。それから今になって暇な時間が増えたので腰を据えて読んでみた。

結論としては面白いとしか言いようが無い!

 

分量は多くて一話一話読むことは大変だし、設定が突然変わったりそもそも呪術っていうものがいまいちまだ分からないし、未だに目玉ぐるぐるまわして混乱している。けれども、とにかく展開が予想できなくて新鮮で面白い!

章が進むと前章での設定が突然変わったり、ボスはボスでどうあがいても絶望みたいな奴が毎回出てくる。なんだよ、ボスを殺すと自分も巻き添えに死ぬ呪術って倒せないじゃん。なろう系チート主人公の能力を何人も取り込んだボスなんてどう倒せばいいんだよ。今まで人類が倒したボスが生き返ってボスラッシュになるってそれ無理じゃん。設定としてすでに最初からインフレ気味で今では殺せないし、存在としての抹消もできない中ボスもいるやらでもう意味不明。

でも、本当に面白いし、生活を投げ捨ててでも読む価値は絶対にある!

自分の文章力がなくて全然表現できないけど、是非色んな人に見てほしい作品。

そしてどんなに長くなってもいいから書籍化してほしいと願ってます。

 

まんがで読む古事記

日本最古の歴史書である古事記

名前は知っていたけど読んだことがない本ランキング10位内に入ると思う。

amazon unlimitedにあったので見てみました。

 

古事記は3巻構成らしく、このマンガでは上巻の神々について、中巻にあるヤマトタケルの伝説が描かれています。

神様の物語って突然に息子や娘が産まれたり、なぜか怒って誰かを殺したりして意味不明な展開で読者を置いてけぼりが多いのでは?

まんがで読む古事記は絵も現代的でキレイだし、メインの話でまとめているので簡潔でわかりやすいです(わかるとは言っていない)。

 

そもそもの動機はハルジオン~口だけ野郎一代記~という小説家になろうにある作品で後半、世界の神々と人類の戦いが描かれていて、特に日本の神々が多く登場してきたからです。

古事記の勉強にもなるので良かったらハルジオンも見てください。

 

ncode.syosetu.com

 

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

amazon unlimited が開始されて1ヶ月無料ということではじめてみました。

リストを覗いて行くと気になった本、ナタリー式トレーニングを見つけて軽く読了。

書けないということは遅い、まとまらない、伝わらないの3つに分けられて、これらの苦手意識を克服するための方法が書かれています。

難しい内容ではないのでスラスラ読めるのでストレスフリー。

文章というのは書く前の準備が何よりも大事だとが分かりました。

 

ニュースサイト「ナタリー」は今まで見たことがありませんがこれを気にちょくちょく訪ねようかと。

 

自分自身、読書でも運動でも内容をアウトプットすることをまったくしたことがなく、この年齡でできなければ恥ずかしいと思うようになりました。

これからブログをはじめていく中で少しでも文章力を上達し、内容をうまく伝えられたらと思っています。